心の中の鬼

自分の中にいる鬼。


我慢できずに泣いたり怒ったり、駄々をこねたりいじけたり、

ちょっと意地悪をしてみたり、というとき、

いつものまっすぐな気持ちが負けてしまう「弱いこころ」がある、

そのこころを『鬼』と呼んで、

「鬼は-、そとー!、福はー、うちー‼」と楽しく節分を過ごしてきました。



娘が5歳になった頃の出来事です。

おやつの時間に2つずつドライいちじくをたべようとしていました。


娘はは2つとも今食べたい、

私は今ひとつ食べて、もう1つはお夕飯の前にいただこうかな、という提案をしました。


「お母ちゃんずるい!!!」


娘はその提案を聞いて急に怒鳴りました。

私が余分に食べているように見えたみたいで。

ひと騒ぎしたあとに、少し落ち着きたいといった様子で自分をかえりみて、


「お、鬼がいたんだよ…まだいるの・・」と呟きました。


私は、その言葉にハッとしました。

こんなに幼くても、そういう心を感じるんだ。


こんなこともありました。


私が感情を抑えきれず強い口調になったときに、娘が

「おかあちゃんこわい」と、私に向かって言いました。

私もはっと我に返りました。


(内容は、一度作った新聞の釣りざおが大作だったのに、簡単にぽきっと折れてしまって、

作り直して、と言われたことでした・・・

えー弱いけど今完成したばっかりなのに~!!え、今?すぐまた作り直すのかい!勘弁してよ・・)


さっと私も我に帰り「あ、一瞬鬼がいたんだ、もういってしまったよ・・」と、娘に伝え、

感情をいつまでもひきずることなく気持ちを切り替えました。



鬼を感じて自分を客観視することは、大人の私でも難しいと思うようなことです、

そういう気持ちを感じて、うまく付き合っていくこと。

人は5歳にもなれば感じていることはもう大人と一緒なのでは、と感じた出来事でした。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示