まめっこに通っていたこと



初めまして。前田亜由美と申します。

しばらくこちらでエッセイを書きます。


6歳の娘と、1歳になる前からまめっこ庵に通っていました。


娘が生まれた時、どうやってお世話をしたら良いんだろうと色々な本を読みました。

1歳になる前、この人が人間になっていく過程で

私にできることはなんだろうか、この接し方、遊び方でいいのかな?と焦りがあったりして

他の教室にも通ったりしました。

そんな中、友人からの勧めでまめっこ庵に出会いました。


==


ここに通い昔の知恵で子育てをしようと思ったのは

生活のなかでできる無理のない声かけや

地に足がついたやりとりがとても自然だったからです。


わざわざ道具を買ったり、新しいことを教え込んだり覚えることもなく

今自分にが持っているものを大切にし、

今すぐ周りにある自然を大切にしているということが、

実践されている方からとてもよく伝わってきました。


そして0歳の生まれた時から心を通わすことができるということ

その心はずっと伝わっていて、受け取っていてくれているということ

そのやりとりに感動。


人として生きる中で、大切なことを身につけ、

誰も否定せず、強制もせず、一人一人の心を大切にし

個人の持っている良いところを伸ばせると感じました


==


6年間のやりとりの中で、私自身も変わりました。

もうここまでやった、大丈夫、という信頼感

焦らず、無理せず、自分のペースで物事を進めること、

子どもを褒めているうちに、自分の中の自信も育ちました。


特段派手なことはありませんが、

子どもの(あるいは自分自身の)気持ちや反応の変化(これも、少しの変化だったりします)に気がつける瞬間は

やはりやっていてよかったなと感じます。


いろんな子育ての方法がある中で私がここをえらんで

日々の小さなこと、心の動き、気づいたこと、目線が変わった時のこと

覚えていることを思い出しながら

6年の間に感じたことを私なりに綴っていきます。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示