お箸見て見て!!



小さい頃から、見様見真似で色々としていましたので、

2歳ごろから短い箸を持たせていました。


もちろん、初めはどんなふうに使うかわからないよね。

刺してみたり、1本で使ってみたり、ぐーで握ってみたり、

色々と口出したい気持ちをグッと抑えつつ、見守ってきました。


4歳の頃。そのうち、なんとなく大人と同じような持ち方になってきました。

使えるようになってくると、だんだん こうだよ、こうだよ、と言っては

直らない、うーん、という気持ちも強くなってきました。

すぐには変わらない。


「今日もお箸使ったね!」


と声をかけながら、本音は

このままでいいかな、

もしかしたら間違った使い方のまま大人になったりして。

箸の使い方、綺麗に身について欲しいなあ、、という気持ちもありました。


そのうち言うのも億劫になってきてそのままにしていました。


忘れかけたある時、ふとみると、お箸を綺麗に使っています。


「あれ〇〇ちゃん、いつの間に!上手!」


というと、ご機嫌な顔。


本人なりに頑張っているところを少しづつ褒めていたら

いつの間にか周りが感心するぐらい、上手にお箸を使っています。


今できることを精一杯やってみる、

少しできるかな、出来ないかな、頑張ってみようということを

応援したり、手助けして。


見様見真似から、

ひとつづつできるようになっていく、

そんな嬉しさと喜びををゆっくりと親子で味わっていました。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示